そぞろごと

本、鉱物、音楽、etc.

人もすなる宅録というものを

われもしてみんとて、機材一式購入した。といっても、そんなにお金はかからない。2万円でおつりがくる程度。これでちゃんとした録音ができるのだから、ありがたい時代になったものだ。

そもそもなんで宅録などに手を出したかといえば、前に企画したバンド内でのスーパーギタートリオごっこが、諸般の事情で頓挫してしまったので、一人三役をこなすつもりで始めることにした。しかし、実際にやってみると、ギター三台というのはアレンジがけっこうむつかしい。それならばというので、ベース一台、ギター二台、それに打楽器という4トラックで当面はやっていこう、ときめた。

さて、楽曲の録音に先立って、自分がふだん遊びでぱらぱらと弾いているフレーズが、客観的にはどんなふうに聞こえるのか、ためしに5分ばかり録音してみたが、これを聞き直して、唖然としてしまった。音をとちる、フレーズが歌っていない、リズムはよれよれ、というていたらく。ぴかぴかに磨いた鏡に自分の顔を映して、あらためておのれの不細工さ加減に驚くのとよく似ている。

しかしまあ、うまい、へたは置いといて、フレーズの感じがコリエル、マクラフリンによく似ているのは自分でも意外だった。いっぽう、自分ではけっこう影響を受けているつもりの、ディメオラ先生にはあまり似ていない。パコはもちろん楽器も奏法も違うので、似ているわけがない。

やはり自分のルーツはコリエル、マクラフリンなのか、と今にして思う。半世紀も前の音楽や奏法から抜け出せていないわけだ。しかし、それは諦めというようなものではなく、自分の原点は間違っていなかった、という郷愁にも似た安堵の思いに私を憩わせてくれる。

コリエルでは、やはりゲイリー・バートンとやっていたころがいちばん魅力的だ。名盤「ダスター」から、若さと才気に満ちた「祈祷式(Liturgy)」を貼り付けておこう。



マクラフリンでは、初期の「マイ・ゴールズ・ビヨンド」が私のオール・タイム・ベストだ。このアルバムをしめくくる「ブルー・イン・グリーン」のすばらしさは格別で、マイルスもエヴァンスも到達できなかった、ある種の至高点に達していると思う。