そぞろごと

本、鉱物、音楽、etc.

男性と女性の行動様式

高山宏に「殺す、集める、読む」という題のエッセイ集がある。私はまだ読んでいないが、この題名だけでもうなってしまう。さすが学魔といわれるだけのことはあるな、と。

しかし、よくよく眺めてみると、「集める」と「読む」とを並べるのは、同義語反復の嫌いがなくはないか。少なくともドイツ語の lesen やラテン語の legere は、「集める」が原義のはずだ。コレクション collection の lection は、たぶんレクチャー lecture と語源を同じくする。

それはともかくとして、この三つの動詞が、男性に固有の行動様式になっているのが私にはおもしろい。そこで、ダブっている(と私には思われる)「読む」を削除して、ここにもっと適切な、男性固有の営為を入れてみたらどうなるか、と思うようになった。

さて、何を入れるべきか。

そこでふと思いついたのが、歴史の授業で習った「アダムが耕し、イヴが紡いでいたころ……」というやつだ。なるほど、男性は耕す存在なのである。土地を耕すだけでなくて、たとえば文化(カルチャー)なんかも耕す行為の一種だろう。文化や文明がおおむね男性の仕事であるのは、それが広く「耕す」行為だからだと思う。

そこで、高山氏の発案になるコピーを「殺す、耕す、集める」と改変して、男性の行動様式にしよう。

いっぽう、女性はといえば、男性に対になるようにするためには、どんな動詞がふさわしいだろうか。

いろいろ考えてみたが、やはりアダムに対するイヴとして、「紡ぐ」は外せないだろう。となると、あとは「集める」に対するものとして「飾る」、「殺す」に対するものとして「騙す」などがあがってくる。

そこでまとめると、

男性:殺す、耕す、集める
女性:紡ぐ、騙す、飾る

こんなところでどうだろうか?