そぞろごと

本、鉱物、音楽、etc.

ギターにおける諸問題

まず思うのは、どういう状態を「ギターが弾ける」というのか、という問題。ここまでできたから初級卒業だとか、ここからは上級者だとか、そういう基準がギターの場合あいまいで、ある程度長くギターを弾いている人でも、いったい自分は「ギターが弾ける」のかどうか、自信がもてないことが多いのではないか。

私は、人から「ギターを弾いてください」といわれて、ぱっと手にとってなにか弾くことができれば、それが「ギターが弾ける」状態だと考える。スタイルはなんでもかまわない。弾き語りでも、クラシックでも、フラメンコでもいいが、とにかく人に聞かせて納得してもらえたら、これはもう「弾ける」というほかないでしょう。

まあその「弾ける」にも、いろいろと段階はあると思うが、最低限人にお聞かせすることができればOKだ。逆にいえば、それができないなら、どんなに自分では弾けているつもりでもアウトということになる。

さて次は速弾きの問題。

ギターが他楽器と決定的に違うところとして、速弾きが賞賛されるということがある。フルートやサックスの速吹きなんぞはだれも興味をもたない。ピアノだって、必要以上に速いからといって、とくに褒められもしないだろう。ギターだけが、あたかもオリンピックのごとく、好んで速さを競われるのである。

Youtube で世界一の速弾きギタリスト(たち)の動画を見たが、しかしあれはインチキといわないまでも、弾くフレーズがギターで弾きやすいものばかりで、あまり感心しなかった。同じスピードでたとえばドナ・リーやコンファメーションが弾けるのなら拍手を送るが、どのみちそんなことは無理にきまっている。

じっさい、コントロールのきかない速弾きはギタリストの陥りやすい悪弊だ。まあ、手っ取り早く達成感を得たいのならお誂え向きだが、まじめに音楽をやろうという人間には速さはあまり関係がない。

仕事においてはまず安全、確実ということがいわれる。それからだいぶあとのほうに「迅速」がくる。ギターにおいても同断で、まず指を傷めないこと、それから演奏の精度をあげること、これが大切だ。テンポをあげるのはそれからでいい。

じつをいえば、精度をあげるには、スピードが必要になってくる。これは速弾きに必要なスピードとは別で、要するにむだな動きを排するということだ。もたもたしていては精度なんかあがりっこない。曲芸のような演奏をするためではなく、むだな動きを排するという方向において、スピードは追求されねばならない。

さて、次は弦のインターバルの問題だ。

ギターはおおむね4度のインターバルで調弦されているが、2弦と3弦の間だけ3度で調弦されている。どうしてこうなっているか、ちょっと考えてみると、たぶんこうすることで1弦と6弦とが2オクターブの音程になるので、セーハしたときに音の並びが安定するようにしてあるんだろう。もしこれがぜんぶ4度間隔で調弦されていたら、セーハによってコードを作るのは極端にむつかしくなる。

ただし、4度のチューニングにも利点があって、これだどどんな音の並びも指板上すべて同じになるので、ひとつのコードを覚えると、どのポジションにもっていっても同じ形で押さえられる。もちろんスケールも同様だ。指板上の自由度においてはこっちのほうが上かもしれない。

では、4度のチューニングで失われるものは何か。それはたぶんギターでしか表現できない、独特の「ギターらしさ」だと思う。4度で調弦されたギターは、かたちは同じでも、まったく別種の楽器に変ってしまうのである。ギター特有の響きを殺してまでも、この六弦の楽器を使い続ける必要があるかどうか。

というわけで、このめんどくさい2弦と3弦のインターバルも、慣れるしかないのである。