本、鉱物、音楽

趣味の日記です

夏日つれづれ

初心者がギターを弾くうえでネックになってくるのが、指先の痛みだ。これはほんとにつらくて、このせいでギターをやめていく人も少なくないのではないかと思う。なんとか指先の皮膚を鍛えられればいいのだが、そのためにはギターを弾き続けるしかないという、なんともパラドキシカルな状況なのである。ネットの情報によると、一日1時間弾くとして、だいたい三ヶ月で痛みはおさまるという。私はすでにひと月は越しているので、あと二ヶ月のがまんだ。

ところで、ひとくちにギターといっても、その奏法や曲のジャンルはさまざまで、十人ギタリストが集まれば、十の違ったスタイルがあるといっても過言ではない。私はとりあえずジャズの基本はおさえたいと思っているので、前に書いた高橋氏の教則本をみているが、このなかに「ドナ・リー」のメロディ譜があって、このバップの代表曲はやっぱりギターで弾けるようになっておきたいので、それもあわせて練習している。

バップのメロディというのは、管楽器から出たものだから、弦楽器では弾きにくい。この弾きにくさを克服するのがジャズギターの倒錯的な快楽なのである。ギターでギターらしくないフレーズを弾く……それがはたして意味のあることかどうか、私にはよく分らないが。

あと、私がよくやっているのがアルペジオの練習。アルペジオといっても、右手はフラットピックを握ってやる。左手はコードを押さえっぱなしにするのではなく、一音づつ切る。これでメロディックな分散和音の練習をするわけだ。右手はオルタネイトを中心にアップダウンを織り交ぜる。このフラットピックでのアルペジオも倒錯的な奏法だが、名手になると、音が重なっていないかぎり、指で弾くのと同じくらいのスピードと正確さで弾けるようになるようだ。

エグベルト・ジスモンチの「ローロ」は、ギター三台で合奏するのを前提に練習している。この曲でスーパーギタートリオこっこをしようというのが、私がそもそもギターに手を出した直接の動機だ。

ほか、お遊びで弾くものに、フランス・ギャルのCDに合わせてメロディラインをギターでなぞるというのがある。これは簡単で、しかも最高に楽しい。メロディだけではなく、たとえば「この曲よ(セテールラ)」なんかは、あのキーボードのフレーズやアルペジオはギターで弾いてみたくなりますよね。

そうだ、バッハを忘れていた。彼の無伴奏ヴァイオリンなんかは、ギターでも弾けるのではないか。シャコンヌは無理としても、単音中心のものなら格好の練習曲になる。ほかには「フーガの技法」のなかの拡大反行カノンなども、たぶんギターに向いている。

まあ、こんな感じでギターを楽しんでいます。