そぞろごと

本、鉱物、音楽、etc.

ギターをふたたび手にして

先日(6月19日)ヤフオクにてギターを買った。初めは千円くらいで売ってないかな、と思って見ていたが、さすがにそんなに安いのはない。けっきょくはそれなりの金額のものを購入。

ギターを弾くなんて30年ぶりくらいになるだろうか。ベースやコントラバスを弾いていたので、最初に手にとったとき、ギターってこんなに小さい楽器だっけ、と思ってしまった。フレット間隔なども子供サイズにみえてしまう。

とはいうものの、じっざいに弾いてみると、コードひとつまともに押えられない。いわゆるバレーコード。これがきついのなんの。狭そうにみえたフレット間隔も、5フレット分指を開こうとするとけっこう大変だ。やはり、そんなに生易しい楽器ではない。

とはいっても、ギターを弾くこの楽しさは何だろう。ユーチューブなどをみると、ギターの弾き方講座みたいな動画は山のようにある。それだけ人に愛されている楽器なのだ。

数日前、弦を買うために楽器屋へ行ったが、そこでもアコースティックギターがけっこう人気のようで、安いのから高いのまでずらりと並んだところは壮観だった。私の若いころは、アコギといえば4畳半フォークという感じで、貧乏くさい楽器の筆頭だったが……

アコギが4畳半フォーク的な印象を脱したのは、私の場合はスーパーギタートリオの演奏に接したときだった。あれには驚かされたなあ。しばらくはピックを握って早弾きの真似事ばかりしていた。

あれから30年。当時のトリオのめんめん(4人いる)のうち、すでに二人は物故している。嗚呼。

さて、さっきコードもまともに押えられない、と書いたが、これではいかんとかつて買い求めた教則本を引っぱり出してきた。そのうちの一冊が、高橋信博の「ジャズ・ギタリストのためのヴォイシング・テクニック」というもの。30年前はまったく歯が立たなかったが、今回はどうだろうか。このあたりを中心にギターの練習をしていこう。

ところで、いま高橋信博と呼び捨てにしたが、この人はまだご存命であり、私にとっては別格の存在なのである。というのも、30年前のギターマガジンにはこの人の「ジャズインプロヴァイザーのためのアイディア」とかいうコラムが連載されていて、それを見ながらすごい人がいるものだといつも感嘆していた。

何年か前に、たまたま本屋でギターマガジンを手にとったとき、あれはまだやっているのかな、と思ってページをくると、まだやっていた! あれというのはもちろん高橋さんの連載だ。プロフィール写真をみると、いつのまにか禿げている。

禿げるのも道理、高橋氏はこの連載をなんと35年間もつづけたらしい。35年! これはもうほとんどライフワークと称すべきものではないか?

私なんかは、いや私でなくとも、この連載を単行本化してほしいという要望は少なからずあるだろう。しかし当の高橋氏はどうだろう。人間、35年も同じ分野で働いてくると、当然のように、若いころの認識不足や勇み足に不満をおぼえるようになる。よくまあこんな幼稚なことを得々として書いていたな、と気恥ずかしくなるだろう。私がもし氏の立場だったら、過去の記事なんぞはまとめて抹殺したくなると思う。

そういえばそんな連載があったね、というふうに、人々の記憶にかすかに残っていればいいのかもしれないな、と思う。

まあそういう次第なので、公刊された氏の数少ない著作は大切にされなくてはならない。私も今回はこれを最後と、上記の本を「あげる」つもりだ。