本の余白に

読書メモ

ギリシャ語入門

ギリシア語入門 改訂版 (岩波全書 137)

ギリシア語入門 改訂版 (岩波全書 137)


最近なにかと世間を騒がせているヒアリ。こやつは学名を Solenopsis invicta という。これだけみれば、わが愛する三葉虫の一種にみえなくもない。まあ三葉虫には学名しか存在しないので、似ているのは当然かもしれないが……

さてこの学名というやつ、一般にはラテン語と思われているようだが、じっさいのところはギリシャ語がもとになっているのが多いような気がする。アルファベットの y, ph, ch, th, ps などが使われていたら、まずギリシャ語起源だと思って間違いない。だから学名に興味をもつと、知らず知らずのうちにギリシャ語のほうへにじり寄っている自分に気づくことになる。

そういう次第なので、三葉虫のコレクションが嵩じてギリシャ語を本格的にやろうと思い立った人がいてもふしぎでなはい。三葉虫のりっぱなコレクションをもとうとすると、お金はいくらあっても足りないが、ギリシャ語のコレクション(というのも変だが、要するにギリシャ語の単語とその用法のストック)は時間をかければ只で手に入る。標本にはお金をつぎ込み、ギリシャ語には時間をつぎ込む。これが三葉虫愛好家としての正しい行き方であろうと考える。

さてそのギリシャ語だが、これはぜんぜん知らないわけではない。文字と、その読み方くらいはだいぶ前に習得した。弟が大学で使っていた教科書を譲り受けて、その最初のほうだけ読んだわけだ。一般的にはギリシャ語の知識はその程度で足りる。ちなみにギリシャ文字で私のニックネームを書くと、κιταριος となる。

このたびその古い教科書を引っぱり出して、一からやってみることにした。アマゾンでみると、この岩波の教科書は新装版が出ていて、なかなか好評のようでもある。これは私には嬉しいことだ。

いずれにしても、私の三葉虫愛が冷めないうちに、この本をマスターする必要がある。時間にすれば、だいたい一年くらいだろうか。

語学の勉強を始めると、なにもすることがなくても退屈するということがなくなる。空いた時間があれば変化形を復習できるからだ。待ち時間といえばだれしもイライラしがちなものだが、これを有効利用できるのはなんといってもありがたい。

一年後、三葉虫と同じくらいにギリシャ語を愛せるようになっていればいいなと思う。